金の買取は印象で査定がアップするか?

金の買取は基本的な査定方法が決まっているため、特に査定をアップさせる方法はないだろうと思っているかもしれませんが、金の買取をする前にできることをすることで、査定アップの期待を持つ事ができます。

まずは、買取したい金製品の手入れをしましょう。

Continue reading

金の買取での査定ポイント

金の買取をする時には必ず査定がされるのですが、この査定ポイントとはどういったところでしょうか?金の買取をする前に知っておきましょう。

まずは金の製品であった場合、どこかに刻印があります。

見た事のある人も多いと思いますが、18Kや22Kといった刻印のことです。

査定をする際にまずは金にこの刻印があるかどうかを確認します。

純金とは24Kのことで、数字が少なくなるたびに純度が低くなることになります。

刻印だけではなく、査定ではどのくらい混ぜ物があるかを比重計で計測します。

しかし、刻印が無い場合は買取してもらえない場合もあります。

指輪などのアクセサリであった場合、イニシャルなどを刻んでいたり、普段使いをしていたりすると傷がついたりするのですが、こういった点は査定にはあまり関係ありません。

それはどんな状態であっても物としての価値ではなく、金としての価値が査定されるからです。

金の買取を最終的に決めるのは金の相場と重さになります。

金の純度がわかれば、後は重さを計って、その日の金の相場で査定額が決まります。

金の相場というのは1日1日変わってきますので、金の買取価格も変わってきます。

買取をするのは、金の価格相場が高くなっている時期が狙い時です。

■参考ページ>>金価格と株価は歴史的に逆相関する傾向にある | ZUU online

また、金は金としての価値で査定がされるのではありますが、記念硬貨であった場合や人気のブランド品であった場合はその品物自体に価値がつき、査定価格が高くなることもあります。