金の買取は印象で査定がアップするか?

金の買取は基本的な査定方法が決まっているため、特に査定をアップさせる方法はないだろうと思っているかもしれませんが、金の買取をする前にできることをすることで、査定アップの期待を持つ事ができます。

まずは、買取したい金製品の手入れをしましょう。

金製品は基本的に状態というのは査定のポイントにはあまり関係ないのですが、きれいにして査定に出す事で印象がアップさせることはできます。

中性洗剤の入ったぬるま湯の中で歯ブラシなどを使用してブラッシングをすることで、きれいな状態の金になるので一手間掛けましょう。

また、これは買取前ではなく使用している時の注意ですが、金のアクセサリなどは傷つきにくい素材とはいえ普段遣いをしていれば、知らず知らずに傷がついてしまうものです。

記念硬貨やブランドアクセサリなどのデザイン自体に価値がつく様な金製品であった場合、傷があることで査定価格が下がってしまうので、普段から丁寧に取り扱う様に心がけましょう。

そして、金買取をする時には、購入時にあった全ての付属品を持参する様にしましょう。

品物によっては箱や保存用の袋などが査定額に響く場合もあります。

ダイヤモンドがついている場合は鑑定書は必ず持参しましょう。

ブレスなどのチェーンをサイズ調整して余ったチェーンがある様な場合は全て一緒に査定に出しましょう。

重さであってもその分の価値があるし、デザインで査定がされる場合には購入時に近い状態であることが査定額アップに繋がります。